FC2ブログ
ボンノウ2
日々、煩悩。これ如何に。嗚呼。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
実家のヨークシャテリアのビアンカ(ビアちゃん)が、明朝病院で亡くなった。

と、号泣しながらの、電話の母。

先週、父親の一周忌の時は元気にお迎えしてくれてたのに。。
なんと命の儚いものよ。

ペット霊園の手配を私が済ませ、午後から実家へ。

まるで、生きてるかのように、タオルの上に寝てる、ビアちゃん。
何度もさすり、頑張ったね、と声掛けた。

夕方ペット葬儀の方が来て、用意された大きな段ボールの箱に、タオル敷いて、
その上にビアちゃん寝かせ。
周りに、用意してもらったお花を沢山入れた。
好きだったジャーキーやチーズや母との思い出の写真なども一緒に。

綺麗に沢山のお花に囲まれて、お父さんのとこに行って、仲良くしてね。

最後のお別れ。。。
悲しい。寂しい。


昔、ある人に、生き物が死んで落ち込んでいる私にこんな言葉をもらった。
(確実な言葉ではないが、内容はこんなもんだ。)

みんな命の時計を持ってる。
それが、どんなに悲しい死であったとしても、寿命でも、
それは、その子の命の時間なのだ、
と。

その時に私はどれだけ救われたか。。。
どれだけ、私はその人だけは信じよう、と思った事か。

もう、今ではその人には逢う事はないが。
この言葉は、いつまでも、私の心の中にある。
優しかったあの頃を思い出す。


ビアちゃんも、10歳。

検査して、いろいろな病気が重なっていたようだ。

今後の母親が心配ではあるが、猫のモモちゃんもいるし、
私もいるから、頑張ろうね。

切ない一日であった。

bia.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。